スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PS3ソフト「龍が如く4 伝説を継ぐもの」レビュー

前回の記事から、更新がかなり遅れました^^;
さて、今回は前回の記事にも書きましたが、
PS3ソフト「龍が如く4 伝説を継ぐもの」を紹介したいと思います。
発売から約2ヶ月経っていますが、未だに人気ソフトの1つです。

ryugagotoku4.jpg

    「龍が如く4 伝説を継ぐもの」
  • ジャンル : アクション・アドベンチャー
  • 開発元 : セガ
  • 発売日 : 2010/03/18
  • 販売価格 : \7980

[発売後レビュー]

龍が如くシリーズの最新作、今回は主人公が4人いる異色作となってます。
私はこの龍が如くシリーズは今回プレイしのですが、
龍が如くはシリーズを通して、任侠ものというストーリーから少し敬遠をしていました。
でも、いざやってみると、これが意外にもはまる感じです。
たしかに任侠ものというのはイメージが悪いのですが、
そういう世界の生き様みたいのが、垣間みれるゲームで、
これは現実的にはないだろう~っていうのも多くあります。
しかし、それはあくまでもフィクション。
ほかのジャンルのゲームでも言える事で、
例えばそれがSFなんかでも同じ事が言えるのではないでしょうか?
設定的には現代の日本、舞台となる場所が神室町という、
新宿歌舞伎町に酷似した設定。
リアルなその描写は、プレイしてみて驚きを覚えました。
ストーリーは任侠ものというのもあり、ある意味タブーな世界観。
現実では触れるには少し危険なこの世界をゲームで体験できるのがこのゲームの良さといえます。

重厚なストーリー以外にも、このゲームに多種多様な面白さがちりばめられています。
ゲーム内でのミニゲームは数多くあり、こんな事まで遊べるの?と、
ゲーム本編以外のミニゲーム的な要素の多さは、ほかのゲームでは、ないぐらい多いです。
本編のストーリーから少しはずれて、そのミニゲーム的な要素に没頭できるのも人気の要素です。

本作の主人公が4人になっている点も、今作の良さだと思います。
前作までの主人公「桐生一馬」は明らかに、
任侠的の世界の王道的な主人公的なキャラクターで、少し人間味を感じません。
ほかの3人の主人公をプレイすることで、
より深みのある、このゲームの世界観の人間臭さというものに
惹かれていくそんなゲームでした。

総合的にこのゲームを言い表すとしたら、
「人間の欲望をバラエティー豊かにうまく表現したゲーム。」
という感じでしょうか?
うまく表現できた言葉だとは思えませんが、色々な意味で満足できるゲームです。

スポンサーサイト

テーマ : ■PLAYSTATION®3
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gen

Author:gen
PS3でおもしろいソフトを遊びたい!その為にはPS3の普及が必要不可欠!SONYの回し者ではありませんが、PS3に期待してます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。