スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FINAL FANTASY XIV(ファイナルファンタジー14) αテストスタート!!

2010年中に発売予定である、
「FAINAL FANTASY XIV(ファイナルファンタジー14)」
が昨日、αテストを開始しました。
「αテストって何?」
と、皆さん思われるとおもいます。
昨年末、待望のファイナルファンタジー13が出たばかりなのに、
もう、14かよっ!!とも思われていると思います。
しかし、このファイナルファンタジー14も待望なのです。

ffxiv.jpg

    「FINAL FANTASY XIV (ファイナルファンタジー14)」
  • ジャンル : MMORPG
  • 開発元 : スクウェア・エニックス
  • 発売日 : 2010年中(予定)
  • 販売価格 : 未定

[発売前レビュー]

まず、このファイナルファンタジー14(以下FF14)のジャンルはMMOと呼ばれるジャンルです。
MMORPGとは「マッシブリー・マルチプレイヤー・オンライン・ロール・プレイング・ゲーム」の略で、
つまりオンラインゲームです。
ファイナルファンタジー11(以下FF11)が同ジャンルにあたり、
このFF14はFF11の制作スタッフが作った続編になります。
ファイナルファンタジー11は国内のみならず世界的に大ヒットしたオンラインゲームで、
現在でもFF11を日夜プレイしているファンは数多いことでしょう。
しかし、このFF11は発売から既に8年が経ち、ファンからも続編の要望が多かったソフトです。

さて、最初の疑問である「αテスト」ですが、
オンラインゲームの多くは製品版になる前に、
一般ユーザーによるテストを行うのが主流になっているようです。
製品版前のテストがβテスト、さらにその前に行われるのがαテストと呼ばれているようです。
オンラインゲームの制作側によるテスト期間なので、基本的にユーザーは無料でプレイすることができます。
テストを行う上でユーザーがテスターになる為には、
制作側の審査に通る必要があり、その審査基準は制作側に全て準拠します。
テスト期間中のソフトの不具合等はソフトメーカー等制作側が一切、責任を追わないとか色々あります。

しかし、テスターはそのゲームを無料で発売よりも前にいち早く体験でき、
テスターの応募はには必ず多数応募があるようです。
今回のFF14はFF11の成功もあり、国内外問わず、多数のオンラインプレイヤーが注目しているゲームであり、
テスター当選者は極限られた人数になったようです。
テスター募集は昨年末から始まり、3月に当選者が発表。
しかし、当選発表後もテスト期間が一切公表されず。
まだか、まだかと当選者のみならず、FF14に期待するファンが、
某巨大掲示板に多数の書き込み。
一時期はスレッドサーバーがパンクし停止状態が約半月もあったほどです。
現在でも復旧したサーバーでの同スレッドは1日に3000以上もの投稿があるほどの勢いがあるそうです。

ちなみに、私はαテストには当選していません^^;
しかし、スクウェア・エニックスでは随時テスターの人員を増やす予定で、
製品版発売前にはオープンβテストが予定しているそうです。
(オープンβテストとは、審査基準がなく、
誰でもクライアントソフトをダウンロードすればプレイできるテスト期間です。)

そんな待望FF14のαテストが満を持してスタートしたようで、
各ゲーム情報サイトでもテスト期間中であるにも関わらず、
大々的にαテストがスタートした事を公開しています。

[各ゲーム情報サイト]

上記のサイトを見ると、かなり期待されているゲームなのがわかります。
製品版までの道のりは長そうですが、楽しみなゲームですね。

オリジナルギフトの制作スタッフ募集中!

スポンサーサイト

テーマ : ■PLAYSTATION®3
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gen

Author:gen
PS3でおもしろいソフトを遊びたい!その為にはPS3の普及が必要不可欠!SONYの回し者ではありませんが、PS3に期待してます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。